スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日 その6

あれれ こんな所にスペイン語を話す外人だよ

この人達ビッショビショに濡れてるどうしたんだろう? チョット気になったので聞き耳を立ててみる事にした

話によると 石炭を積んできたタンカーの乗組員の様だ 津波で船を捨て逃げてきたらしい

外人さんも被災して可愛そうにと思いながら僕はタービンにへばりついていた

流石に2時 3時になる頃には全てが冷え切っていた 

映画タイタニックの様に 極寒の冬の北大西洋に投げ出されて必死に浮く物にしがみついて救助を待っている そんな感じだった

すると○京電力の機械担当の人達がタービンを回す準備をし始めたのだ

ガッチャン ガッチャン 音を立てながら何やらやっていた 

頼む!煩くても良いからタービン回してくれ?とにかく寒くて死にそうだよ?

眠たい目を擦りながらタービンが回るのを待った だが結局回らない

暫くして○京電力の社員さんが寄ってきて 「あちらに多少は寒さが凌げる部屋があるのでどうですか?」と言うので行くことにした

うむ そこは会議室で 確かに体育館程の天井が高いタービン室よりは普通の部屋の方が寒くは無かった

よし 又移動だ!

会議室は窓が無く蛍光灯の下で椅子に腰掛けれたのでそこで余震を感じながらうとうとすることに 

ん!普通に蛍光灯だが停電終ったのか?と思ったけど トイレは点いていなかったのでやはり停電中の様だ

時計は5時を回っていてもう朝方だった

いつになったら出れるのか不安だったが どうにか寒さを凌いで朝になったのは確かだ!    ウトウト
                            つづく










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

純

Author:純
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。