FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日 その3


○京電力の社員の方が 現場の職人さん達を誘導して吸い込まれる様に建屋に入ってく その列に加わり安全と思われる3階へ昇った

実はこの○京電力○○火力発電所は見学も出来るらしく この建屋の隣に事務棟があり そこと連絡通路でこの3階が繋がっていたりもしているのだ 見学するのは中央にある大きなタービンだと思う 

そこへ着くと約1000人程の避難者が居て驚いた 

それと 停電だったのだが大きな窓が3方にあり 15時台の日差しも万遍なく注ぎ込んでいたので暗いとは感じなかった

ただタービンが廻っていたので 熱を持っていたし煩かったのだ

そこで多少ホッとしたので携帯電話を取り出し会社や肉親にTELL 何度やっても繋がらない そりゃそうだここに居る殆どの人がパチパチ携帯いじくってるもの 他の地域でも一斉に会話やメールをしてるに違いないだろうから・・・

回数を重ねたら姉にはメールが繋がった 会社は無理 近くに居るであろう同僚にもやっとの思い出繋がった 

お互いの近況を説明し 近くまで迎えに来てくれる事になったのだ ヒャホー ヨカター 

広場の中央付近では○京電力の方々と大手ゼネコン数社の責任者達で何やら話し合っている様子で 内容は随時ハンドスピカーで説明してくれた (煩くて聞き取りにくかったけどね)

東北の太平洋側や茨城県に大きな地震があったとか 各ゼネコンさんやその下請けさん達の行方不明者数や怪我人の有無とか ホワイトボードが並べられて報告等をしたり 皆さん機敏に動いていた

だが そうこうしている内に津波が来ている様子で窓際は大騒ぎだった

勢いは無さそうだが ジワジワ波が押寄せている様子が窓からハッキリ見えた

乗用車やコンテナが流されていった

恐ろしや 津波!
                             つづく







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

純

Author:純
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。